デザイン制作が遅い原因とは?その解決法も紹介!

公開日:2021/11/15  最終更新日:2021/11/16


デザイン制作をするにあたって「デザイン制作のスピードが遅い」ことで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。これはデザイナーであれば誰でも通る道なので、安心してください。本記事では、デザイン制作のスピードを上げるための方法について解説して行きます。本記事が皆さんのお悩みを解決するのに役立つことができれば幸いです。

いきなりPCで作業を始める

デザイン制作が遅い人の特徴に「いきなりPCで作業を始める」というものがあります。これはノープランで旅行に行くのと同じぐらい無謀なことです。しかしかなりやりがちな特徴でもあります。いきなりPCで作業を始めてしまうと、最初は調子よくデザインを行うことができても、途中から迷いが出てきてデザインが思ったように進まないということはよくあります。

これをなくすために、デザイン制作を始める際は、いきなりPCで作業を始めるのではなく、PCに向かう前に大まかなデザインの方向性をあらかじめ決めておく必要があります。大まかなデザインの方向性を決める際には「何のために作るのか」「ターゲットは誰か」「このデザインを制作することでどのようなメリットが生まれるのか」ということを明白にしておくようにしましょう。

こういった項目を明白にしておくことで取り掛かりもスムーズになるでしょう。これらが決まったら、今度は頭の中にあるデザインを紙にスケッチしましょう。そうすればデザインの仕上がりがイメージできます。いきなりPCに向かって作業を始めて途中で迷いが出るというようなこともなくなり、作業効率もアップします。

細部からデザインしてしまう

デザイン制作が遅い人の特徴の2つ目は、細部からデザインしてしまうということが挙げられます。これは独学でデザインを勉強してきた人に多く見られる特徴です。いきなり細部からデザインしてしまうと、デザインの方向性を見失ってしまうため、先ほど述べたようにまずは大まかなデザインの方向性を決めるようにしましょう。そして、デザインの正しい手順を知る必要があります。

デザインの正しい手順は、まず「手書きでラフを作る」、次に「大まかなデザインレイアウトを組む」「書体・色・写真などの作り込み」「細かいパーツを作る」という流れになります。この流れをしっかりと意識しながらデザインするようにしましょう。そうすれば、作業効率も格段とアップします。

最後まで上司にデザインを見せない

デザイン制作をする際に、最後まで上司にデザインを確認してもらうことなく、制作を続ける人がいますがこれはNGです。これはデザインに限った話ではありませんが、どの仕事もクライアントや上司とコミュニケーションを取りながら進めることがマストです。

自身の感覚だけで仕事を進めてしまうと、さまざまな面でズレが生じてしまいます。そのため段階が進むたびに上司やクライアントに、確認してもらうことを忘れないようにしましょう。

そうすれば、急なデザインの変更などにもスムーズに対応することが可能です。デザインが完成した後に上司に見せて「イメージと違う」といったようなことが起こるとすべての工程をもう一度初めからやる必要があるため、二度手間になってしまいます。

ツールを使いこなせていない

これは駆け出しのデザイナーだけではなく、ベテランのデザイナーにもよく見られることです。illustratorやphotoshopなどの操作の知識が足りず、自己流で行ってしまうと、自分でも気づかないうちに多くの無駄な工程を踏んでいる可能性があります。

「勉強時間がもったいない」と思うかもしれませんが、結果的にかかった時間をみれば学ぶ方がプラスになることがわかるでしょう。知識があることで効率があがるので、作業の無駄な時間を減らし、効率化するためにも、正しいツールの使い方を学ぶようにしましょう。

パーツ作りに時間をかけている

細部にこだわりすぎるというのも、デザイン制作が遅い人に見られる特徴の一つです。ボタンやアイコンなどの細かいデザインパーツは、毎回時間をかけて作る必要はありません。

なぜなら、よほどデザイン性にこだわったものでない限り、オリジナリティよりも視認性や使いやすさなどを優先した方がよいからです。ベテランのデザイナーの中には、ボタンなどの素材は、以前使ったものをコピペする方も多くいるようです。素材にこだわりたいのであれば、時間がある時に作ってストックしておくようにしましょう。

 

本記事ではデザイン制作が遅い人の特徴について述べてきました。デザイン制作が遅い人の特徴は「いきなりPCで作業を始める」「細部からデザインにしてしまう」「上司やクライアントに最後までデザインを見せない」「ツールを上手く使いこなせていない」「パーツ作りなどの細かい素材に時間をかけている」などがあることを説明しました。デザイン制作が遅いと悩んでいる方は、本記事で述べたことを一度見直してみるとよいかもしれません。そうすれば作業効率も格段とアップするはずです。本記事を参考にしていただければ幸いです。

おすすめ関連記事